ハンス・セリエの名言

ハンス・セリエのプロフィール

ハンス・セリエ
書籍一覧

ハンス・セリエ(Hans Selye/1907年1月26日-1982年10月16日/男性)は、ハンガリー系カナダ人の生理学者(生まれはオーストリア=ハンガリー帝国のウィーン)。ストレス学説の提唱者として知られる人物であり、ストレッサー(ストレスの原因となる刺激)による生体反応研究で著名。セリエはストレスを「外部環境からの刺激によって起こる非特異的反応」と定義し、物理的(寒冷・騒音等)、化学的(薬物・化学物質等)、生物的(炎症・感染等)、心理的(怒り・緊張・不安等)なストレスの原因となる刺激があるとした。また、ストレスにさらされた時の生物の反応には3段階の時期があるとし、警告反応期(ストレスに耐えるための準備を整える時期/自律神経のバランスが崩れたり血圧・体温・血糖値の上昇など体に様々な変化が起こる)、抵抗期(ストレスと戦う時期/自己防御機制が整い安定するが多くのエネルギーを消費する)、疲憊期(ストレスに耐えれなくなり疲弊してしまった時期/抵抗力が衰え身体が衰弱していく)と分類した。その生涯で数々の研究報告(1700冊にのぼる)、学術論文(15本)、著書(7冊)の出版を行った。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(邦訳書)に『生命とストレス 超分子生物学のための事例/工作舎』『現代社会とストレス/法政大学出版局』『夢から発見へ/ラテイス』などがある。

ハンス・セリエの名言集

ストレスが私たちを
殺すことはありません。

それは、私たちの
ただの反応なのです。

ストレスは、
「生活のスパイス」と
考えなさい。

ストレスというものが
存在しなければ、
人間は滅んでいただろう。

我々は常に他人からの賞賛を
強く望んでいる。

と同時に他人からの批判もまた
同じように強く恐れている。

周りから期待されると、
人は自信を持つようになる。

そしてその自信が、
成功に繋がっていくのだ。

世界に貢献することに
焦点を合わせなさい。

そうすればきっと、
あなたは長生きが
できるでしょう。

ストレスを
避けてはいけません。

それは食べ物や愛、
運動を避けるようなものです。

すべてのストレスは、
私たちに傷跡を残していきます。

でもそれは同じような
ストレスに襲われた時に

今度は私たちを
守ってくれるのです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る