ウォルター・ローリーの名言

ウォルター・ローリーのプロフィール

ウォルター・ローリー
書籍一覧

ウォルター・ローリー(Sir Walter Raleigh/1552年or1554年-1618年10月29日/男性)は、イングランドの探検家作家詩人、廷臣(朝廷に仕える臣下)。エリザベス1世(イングランド女王)の寵臣として知られる人物であり、新世界(大航海時代に欧州人が新たに発見した土地)における最初のイングランド植民地を築くなどの功績を残した。また、エリザベス朝における一流の詩人としても名高く、率直で飾らない文体で書かれた彼の詩はしばしばプレーン・スタイルと呼ばれる。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

ウォルター・ローリーの名言集

私にはシェイクスピアに
匹敵するような壮大な物語を
書くことは出来ない。

しかし、私ならではの本なら
書くことが出来る。

情熱とは海である。
浅きものはつぶやき、
深きものは黙すのだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る