アンジェロ・パトリの名言

アンジェロ・パトリのプロフィール

アンジェロ・パトリ
書籍一覧

アンジェロ・パトリ(Angelo Patri/1876年11月26日-1965年9月13日/男性)は、イタリア系アメリカ人の教育者作家。教育者として子供向けの書籍のほか、親や教師向けの書籍も多く残した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に『White Patch(1911年)』『Pinocchio in Africa(1911年)』『A School Master of the Great City(1917年)』『The School That Everybody Wants(1922年)』『Child Training(1922年)』『Talks to Mothers(1923年)』『Spirit of America(1924年)』『School and Home(1925年)』『Problem of Childhood(1926年)』『What Have You Got to Give?(1926年)』『The Questioning Child(1928年)』『Pinocchio in America(1928年)』『The Adventures of Pinocchio(1937年)』などがある。

アンジェロ・パトリの名言集

最も悲惨な人間は、
自分の肉体と精神を捨てて、

別の人間や動物に
なりたいと願う人である。

味のある父親になるための
必要なエッセンスは、

あなたが辿ってきた道を
一度戻る必要がある
ということです。

つまり、子供と一緒に
かつて歩いた道を一歩ずつ
進んでいくということです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る