ローレン・アイズリーの名言

ローレン・アイズリーのプロフィール

ローレン・アイズリー
著書一覧

ローレン・アイズリー(Loren Eiseley/1907年9月3日-1977年7月9日/男性)は、アメリカ・ネブラスカ州出身の人類学者教育者哲学者、自然科学ライターエッセイスト詩人ソローエマソンの系譜を継ぐ20世紀のアメリカを代表するナチュラリストであり、その生涯で理系・文系を問わず多くの賞や名誉学位を受けた。ペンシルヴァニア大学教授、全米人類学会次長、米国科学促進協会次長・科学史部議長などを歴任。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(邦訳書)に『星投げびと コスタベルの浜辺から/工作舎』『ダ-ウィンと謎のX氏 第三の博物学者の消息/工作舎』『夜の国 心の森羅万象をめぐって/工作舎』などがある。

ローレン・アイズリーの名言集

海岸を散歩していると、
少年がヒトデを海に投げていた。

何をしているのかと尋ねると、
少年は「海に戻してやらないと
ヒトデが死んでしまう」と答えた。

私はそんなことをしても、
海岸中がヒトデだらけなんだから、
すべてのヒトデを助けられないし、
意味がないだろうと言うと

少年は少し考え、
またヒトデを海に投げた。

そして私にこう言ったのだ。
「でも今投げたヒトデにとっては
意味があるでしょ」と。

もしこの世界に
魔法が存在するとしたら、
それは水の中にある。

私たちは他人の目に映って
はじめてこの世に
存在していることになる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る