ガリレオ・ガリレイの名言

ガリレオ・ガリレイのプロフィール

ガリレオ・ガリレイ
書籍一覧

ガリレオ・ガリレイ(Galileo Galilei/1564年2月15日※ユリウス暦-1642年1月8日※グレゴリオ暦/男性)は、「天文学の父」と称されるイタリアの物理学者天文学者哲学者。天動説(全ての天体が地球の周りを公転しているとする説)がまだ一般的に信じられていた時代に、望遠鏡を使用して木星の衛星を発見。これが天動説を否定する根拠に繋がり、世界的な名声を獲得する。そのほかにも望遠鏡を使って月の凹凸(クレーター)や太陽の黒点の観測などを成功させている。また、ピサの斜塔から大小2つの球を落とし、両方が同時に着地するという「落体の法則」(落下は物体の質量には依存しない)の実験でも著名(この実験は実際には行われていなかったという説もある)。ニュートンやコペルニクス、ケプラーなどと並び科学革命(17世紀科学革命)を代表する人物と称さるほか、科学的手法の開拓者の一人としても後世に名を残している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に『星界の報告(1610年)』『太陽黒点論(1613年)』『贋金鑑識官(1623年)』『天文対話(1632年)』『新科学対話(1638年)』『レ・メカニケ(1649年)』などがある。

ガリレオ・ガリレイの名言集

どんな真実も、
発見してしまえば
誰でも簡単に理解できる。

大切なのは、
発見することなのだ。

この宇宙のすべては、
ある言語で書かれています。

その言語とは、
数学なのです。

私は何も
学びとることがないほど、

無知な人に
出会ったことはありません。

あなたは伝えられて
いることを信じるだけで、
自分では確かめないのかい?

結果には、
かならず原因があります。

実際に見ないと、
わからない。

見ようとしなければ、
始まらない。

誰かにものを
教えることなんてできない。

できるとすれば、
その人が自分で気づく
手助けをすることだけだ。

哲学というのは、
常に我々の目の前にある。

それはこの宇宙という書物に
描かれているんだよ。

感性で行き詰まったら、
理性を使えばいい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る