ミシェル・ド・モンテーニュの名言

ミシェル・ド・モンテーニュのプロフィール

ミシェル・ド・モンテーニュ
書籍一覧

ミシェル・エケム・ド・モンテーニュ(Michel Eyquem de Montaigne/1533年2月28日-1592年9月13日/男性)は、16世紀ルネサンス期のフランスを代表する哲学者の一人、モラリスト人文主義者。フランスのモラリスト文学の基礎を築いたと評される「エセー」の著者としても知られる人物であり、同書では自分自身の経験や古典からの引用(主にプラトンアリストテレス、プルタルコス、セネカなどの古典古代の文献)を元にした考察を綴っている。また、デカルトパスカルなど後世に多大な影響を与えているが、モンテーニュの著書は無神論の書として禁書に指定されていた時期もある。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

ミシェル・ド・モンテーニュの名言集

いつかできることは
すべて、今日でもできる。

「きっと苦しむだろう」
と不安に思う者は、

すでにその不安によって
苦しんでいる。

世の中には、
勝利よりも勝ち誇るに値する
敗北がある。

運命は我々に
幸福も不幸も与えない。

ただ、その素材と
種子を提供するだけだ。

心にもない言葉よりも
沈黙のほうが、
むしろ、社交性を損なわない。

人間は起こることよりも、
起こることに対する見解によって、
ひどく傷ついてしまう。

私は自分の意見を述べる。
それが良い意見だからではなく、
自分の意見だから述べるのだ。

この世で最も大事なのは、
自立の方法を知ること。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る