ケーリー・グラントの名言

ケーリー・グラントのプロフィール

ケーリー・グラント
作品一覧

ケーリー・グラント(Cary Grant/1904年1月18日-1986年11月29日/男性)は、イギリス・ブリストル出身の俳優。本名は「アーチボルド・アレグザンダー・リーチ」(Archibald Alexander Leach)。ブロードウェイのコメディで人気を博した後、ハリウッドに進出。アルフレッド・ヒッチコック、ジョージ・キューカー、ハワード・ホークス、スタンリー・ドーネン、ジョージ・スティーヴンスなどの作品で活躍。1950年代に入ると自身で制作会社「Granart Productions」を立ち上げ、配給事業も手掛けた。1970年にアカデミー名誉賞を受賞。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

出演作品

主な出演作品(映画作品など)に『ブロンド・ヴィナス(1932)』『わたしは別よ(1933)』『鷲と鷹(1933)』『妾は天使ぢゃない(1933)』『不思議の国のアリス(1933)』『男装(1935)』『暁の爆撃隊(1936)』『新婚道中記(1937)』『赤ちゃん教育(1938)』『素晴らしき休日(1938)』『コンドル(1939)』『ヒズ・ガール・フライデー(1940)』『フィラデルフィア物語(1940)』『愛のアルバム(1941)』『断崖(1941)』『汚名(1946)』『独身者と女学生(1947)』『僕は戦争花嫁(1949)』『モンキー・ビジネス(1952)』『泥棒成金(1955)』『めぐり逢い(1957)』『北北西に進路を取れ(1959)』『ミンクの手ざわり(1962)』『歩け走るな!(1966)』などがある。

ケーリー・グラントの名言集

魅力的な人に
出会うたびに、

礼儀正しさ、謙虚さ、
自然ににじみ出る優しさなど、

素敵だと思うその人の魅力を
取り入れていけばいい。

仕事をやってから、
報酬を求める。

この順序を
間違えちゃいけない。

私の生き方は、
実にシンプルです。

朝起きて、
夜に寝る。

そして、その間は
最善を尽くして
仕事をするだけです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る