ジョージ・フォアマンの名言

ジョージ・フォアマンのプロフィール

ジョージ・フォアマン
書籍一覧

ジョージ・フォアマン(George Edward Foreman/1949年1月10日-/男性)は、アメリカ・テキサス州出身の元プロボクサー牧師。「ビッグ」の愛称で親しまれたボクサーであり、その強打は「象をも倒す」と称された。現役時代には統一世界ヘビー級王座を獲得したほか、メキシコシティオリンピックでの金メダル(ヘビー級)など輝かしい成績を残し、1977年に28歳で現役を引退。引退後は、宣教師としての生活を送っていたが青少年の更生施設の建設費用捻出のため、1987年に現役復帰。1994年に世界ヘビー級王座に返り咲き、最年長世界ヘビー級王者となる。1997年にシャノン・ブリッグスとの試合を最後に引退。その後はキリスト教会「THE CHURCH OF THE LORD JESUS CHRIST」の牧師として活躍している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

ジョージ・フォアマンの名言集

どんなに絶望的でも、
どんなに彼方でも、
それを私は目指す。

なあみんな、
夢見ることを
諦めちゃいけないよ。

いくつになっても
星に願いを
かけようじゃないか。

自分が目指すものが
はっきりしていれば、

どんなに苦しい練習にも
耐えることができる。

俺は夢を見ないくらいなら、
死んだ方がマシなんだ。

努力を続けていれば、
夢は現実になるんだよ。

夢見ることが出来るやつに、
不可能なんてないのさ。

歳をとったからといって、
それは「終わり」を意味しない。

歳を理由に、
自分の夢を諦めちゃだめだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る