カルビン・クーリッジの名言

カルビン・クーリッジのプロフィール

カルビン・クーリッジ
書籍一覧

カルビン・クーリッジ(John Calvin Coolidge, Jr./1872年7月4日-1933年1月5日/男性)は、アメリカ・バーモント州出身の政治家弁護士。アメリカ合衆国第30代大統領を務めた人物であり、第29代副大統領、市議会議員、法廷事務官、州下院議員、州上院議員、市長、州知事などを歴任。「必要以上の税を集めるのは合法的強盗である」という言葉を残したことでも知られ、税の低減のほか国債の縮小にも力を尽くした。また、クーリッジが大統領職中にアメリカは大きな経済成長期を迎え、その期間は「狂騒の20年代」(狂乱の20年代)と呼ばれている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

カルビン・クーリッジの名言集

何かを成し遂げるのに、
粘り強さほど大切なものはない。

才能があっても、
それを生かせない人が
何と多いことか。

一生を報われないまま終わる
天才というのもよく聞く話だ。

固い決意と粘り強さが
ひとつになったとき初めて、
不可能が可能になるのである。

その国の文明の発展は、
国民おのおのが立派に仕事を
果たせるかどうかにかかっている。

ねばり強さと確固たる意志、
これさえあれば
こわいものはない。

偉大な計画を実行しようとすると、
周りから「そんなの無理だ」と
きっと言われることだろう。

だがそんな言葉は、
気にしなくていい。

周りから無理だと言われる時こそ、
努力すべき時なのだから。

継続に勝る力は、
この世に存在しない。

才能や教育よりも、
継続の方が大きな力なのだ。

継続と決意があれば、
絶対的な力を手にできる。

ただひたすらに「頑張る」
というスローガンだけで、
たいていの問題は解決できる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る