クリスティアン・ゲッレールト(ゲレルト)の名言

クリスティアン・ゲッレールト(ゲレルト)のプロフィール

クリスティアン・ゲッレールト(Christian Furchtegott Gellert/1715年7月4日-1769年12月13日/男性)は、ドイツ・ザクセン州出身の詩人哲学者。ライプツィヒ大学で教鞭をとりながら啓蒙的な創作を行った人物であり、ドイツ文学の黄金時代を築いた先駆者の一人。フランスの喜劇や戯曲のドイツ語翻訳も数多く手掛け、写実的な市民劇の成立にも大きな貢献を残した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に『スウェーデンのG伯爵夫人の生涯』『倫理学講義』などがある。

クリスティアン・ゲッレールト(ゲレルト)の名言集

こんな風に生きたかったと
死ぬ時に思うような
生き方をしようではないか。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る