ヨハン・クライフの名言

ヨハン・クライフのプロフィール

ヨハン・クライフ
書籍一覧

ヨハン・クライフ(Johan Cruijff/1947年4月25日-/男性)は、オランダ出身の元サッカー選手指導者。本名は「ヘンドリック・ヨハネス・クライフ」(Hendrik Johannes Cruijff)。愛称は「フライング・ダッチマン」「エル・サルバドール」「エル・フラコ」「スーパースター」など。 フランツ・ベッケンバウアーらと共に1970年代を代表するサッカー選手の一人であり、選手時代は主にフォワード(CF/WG)、ミッドフィールダー(OMF)として活躍。アヤックス(オランダ)時代にUEFAチャンピオンズカップ3連覇、オランダ代表としてワールドカップ準優勝などを達成し、バロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を3度受賞。ペレやマラドーナ、ステファノらと並び「20世紀を代表する選手」と称されることも多い。引退後はサッカー指導者となり、アヤックスやFCバルセロナの監督を務め、バルセロナの監督時代にリーガ・エスパニョーラ4連覇やUEFAチャンピオンズカップ優勝などを達成。監督としても大きな実績を残し、2009年から2013年までカタルーニャ選抜(スペイン)の監督も務めた。1974年にオレンジ=ナッソー勲章 騎士位、2002年にオレンジ=ナッソー勲章 士官位、2006年にサン・ジョルディ十字勲章を授章。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

ヨハン・クライフの名言集

月並みなやり方を
するくらいなら、

自分のアイディアと
心中した方がマシだ。

美しく敗れる事を
恥と思うな、

無様に勝つことを
恥と思え。

守り切って勝つより、
攻め切って負ける方が良い。

「あなたは年寄りだから、ダメだ」
と言われると、私はこう答える。

「それを決めるのは、
あなたじゃなくて、私だ。」

フットボールの試合は、
まず観客を
楽しませなければならない。

良い監督は、
あるプレーヤーの短所を、

別のプレーヤーの長所で
カモフラージュする。

才能ある若手にこそ、
挫折を経験させなければならない。

挫折はその選手を成長させる、
最大の良薬だからである。

本当に素晴らしい
フットボールは、

国境を越え、
自分の属する国籍までも忘れさせ、
人々を熱狂させることだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る