ウィラ・キャザーの名言

ウィラ・キャザーのプロフィール

ウィラ・キャザー
書籍一覧

ウィラ・キャザー(Willa Cather/1873年12月7日-1947年4月24日/女性)は、20世紀初頭のアメリカを代表する女流作家小説家。ヴァージニア州出身。ネブラスカ大学リンカーン校を卒業後、高等学校の教師を経て、ニューヨークで雑誌編集者となる。編集業のかたわら創作にも励み、のちに小説家に転身。1923年には、「One of Ours」でピュリッツァー賞を受賞。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品に「おお、開拓者よ!(O Pioneers!)」「私のアントニーア(My Antonia)」「ポールの場合(Paul’s Case)」「隣人ロシキー(Neighbour Rosicky)」などがある。

ウィラ・キャザーの名言集

偉大な愛のあるところには、
常に奇跡が起こる。

私は木の立つ姿が
好きです。

なぜなら木々は
自分たちの
生きねばならぬ道に、

ほかのものよりずっと素直に
従っているからです。

穏やかな日に学ぶほうが
よいこともあれば、

嵐のなかで学ぶほうが
よいこともある。

愛が深ければ、
絶え間なく、
希望が流れ込んできます。

とてつもなく偉大な何かに
溶け込むこと。
それこそが幸福。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る