葛西紀明の名言

葛西紀明のプロフィール

葛西紀明
書籍一覧

葛西紀明(かさい のりあき/1972年6月6日-/男性)は、北海道上川郡出身のスキージャンプ選手。19歳の時にアルベールビルオリンピック(ラージヒル団体/銀メダル)に出場して以来、リレハンメル(ラージヒル団体/銀メダル)、長野(ノーマルヒル個人/7位)、ソルトレイクシティ(ラージヒル個人/41位)、トリノ(ラージヒル団体/6位)、バンクーバー(ラージヒル団体/5位)、ソチ(ラージヒル個人:銀)と長年に渡って冬季オリンピックに出場。40歳を超えても第一線で活躍し「レジェンド(生ける伝説)」と称されることも多い。2001年に地元下川町の町民栄誉賞を受賞。2014年には計7回の冬季五輪最多出場記録、ワールドカップ最年長優勝記録、冬季オリンピック最年長メダリスト記録の3つがギネス世界記録に認定された。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+Web sportiva+致知)

著書

主な著書に「家族で獲った銀メダル/光文社」などがある。

葛西紀明の名言集

いまこの時をがんばれ。
絶対におまえは世界一になれる。

(「母からの手紙」より)

僕のジャンプ人生は、
95%以上負けてるんです。

でもその悔しさより、
勝った時の嬉しさの方が
数倍も数十倍も大きい。

だからまたそれを味わいたくて
続けているんです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る