シモーヌ・ヴェイユの名言

シモーヌ・ヴェイユのプロフィール

シモーヌ・ヴェイユ
書籍一覧

シモーヌ・ヴェイユ(Simone Weil/1909年2月3日-1943年8月24日/女性)は、フランス・パリ出身の哲学者思想家。兄は20世紀を代表する数学者の一人として知られる「アンドレ・ヴェイユ(Andre Weil)」。第二次世界大戦中に34歳の若さで亡くなった人物であり、生存中はほぼ無名でしたが、死後に彼女の残したノートを編集した警句集がベストセラーを記録し、広く知られるようになった人物。彼女の残した膨大な原稿・手紙・ノート類は、その後も編集・出版され、世界各国で翻訳されています。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書・書籍(邦訳書)に「抑圧と自由(自由と社会的抑圧)」「労働と人生についての省察」「神を待ちのぞむ」「愛と死のパンセ」「ロンドン論集とさいごの手紙」「シモーヌ・ヴェイユ詩集」「重力と恩寵」「科学について」「超自然的認識」「哲学講義」「ギリシアの泉」「カイエ」「ヴェイユの言葉」「根をもつこと」「前キリスト教的直観」「純粋さのきわみの死(さいごのシモーヌ・ヴェイユ)」などがある。

シモーヌ・ヴェイユの名言集

たとえ、
歳月を重ねた奮闘努力が、
少しも報われない
と思える時でも、

いつの日か、
その努力にちょうど
見合うだけの光が、

あなたの魂に
みなぎるものです。

自分が思うことを
述べる勇気を、
持たなくてはなりません。

天才とは、
暗い闇夜を乗り越えていく力の
異名のことです。

人間が存在する
唯一の目的は、

生きるという闇夜に
火をつけることである。

未来を構成する要素は、
現在を構成する要素と
何ら変わりありません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る