アナイス・ニンの名言

アナイス・ニンのプロフィール

アナイス・ニン
書籍一覧

アナイス・ニン(Anais Nin/1903年2月21日-1977年1月14日/女性)は、フランス・ヌイイ出身の作家。11歳の時からの生涯を60年間以上にわたって書き継がれた日記を出版したことで知られる人物であり、性愛小説家としても著名。また心理療法の分野の探求も手掛け、フロイトの弟子「オットー・ランク」などの研究を行ったとのこと。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品(括弧内は邦題)に「Incest(インセスト アナイス・ニンの愛の日記)」「Henry and June(ヘンリー&ジューン)」「The Diary of Anais Nin(アナイス・ニンの日記)」「Seduction of the Minotaur(ミノタウロスの誘惑)」「A Spy in the House of Love(愛の家のスパイ)」「Little Birds(小鳥たち/リトル・バード)」「Delta of Venus(デルタ・オヴ・ヴィーナス/ヴィーナスの戯れ)」「Under a Glass Bell(ガラスの鐘の下で)」「Winter of Artifice(人工の冬)」「Collages(コラージュ)」「D.H. Lawrence: An Unprofessional Study(私のD.H.ロレンス論)」などがある。

アナイス・ニンの名言集

人生は勇気に比例して、
大きくもなれば
小さくもなるの。

人生には、
夢が必要よ。

私たちは物事を
あるがままになんて見てない。
見たいように見ているの。

がんばっていれば、
きっと良いことが起こる。

社会に言われることではなく、
自分が必要だと思うことを
学べばいい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る