イーゴリ・ストラヴィンスキーの名言

イーゴリ・ストラヴィンスキーのプロフィール

イーゴリ・ストラヴィンスキー
作品一覧

イーゴリ・ストラヴィンスキー(Igor Stravinsky/1882年6月17日-1971年4月6日/男性)は、ロシアの作曲家音楽家。20世紀を代表する作曲家の一人として知られる人物であり、初期のバレエ音楽である『火の鳥』『ペトルーシュカ』『春の祭典』は世界的に著名。ピアニスト指揮者としても活躍し、20世紀の芸術に大きな影響を及ぼした。また、原始主義、新古典主義、セリー主義と作風を次々に変えていったことでも知られ、「カメレオン」というあだ名もあったとのこと。特に原始主義時代の代表作のひとつである『春の祭典』は、20世紀最高傑作と称されています。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品(バレエ音楽)に「火の鳥」「春の祭典」「ペトルーシュカ」「結婚」「プルチネルラ」「妖精の接吻」「ミューズを率いるアポロ」「オルフェウス」「カルタ遊び」「アゴン」などがある。

イーゴリ・ストラヴィンスキーの名言集

何かを創造するには、
心を衝き動かす力が必要だ。

心を衝き動かす力の内で、
愛に勝るものがあるだろうか?

芸術は監督され、制限され、
加工される事が多ければ多いほど、
自由になる。

偉大な作曲家は、
人の真似などしない。

彼らはそれらを吸収し、
自分のものにしてしまう。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る