斉藤由貴の名言

斉藤由貴のプロフィール

斉藤由貴
作品一覧

斉藤 由貴(さいとう ゆき/1966年9月10日-)は、神奈川県出身の女優歌手。本名は「小井 由貴(いさらい ゆき)」。テレビドラマや映画、舞台などで女優として活躍する他、歌手としても長年に渡り活動を行っている人物。

1984年に第1回東宝「シンデレラ」オーディションで準グランプリ&第3回ミスマガジンでグランプリを獲得し、芸能界入り。同年に明星食品「青春という名のラーメン・胸騒ぎチャーシュー」のCMでTVデビュー。1985年2月に「卒業」で歌手デビューを果たし、同曲は約30万枚のスマッシュヒットを記録する(オリコン最高6位)。同年4月に『スケバン刑事』で連続ドラマ初主演を務め、同作のヒットによって広く知られる女優となる。1986年に『第37回NHK紅白歌合戦』に初出場(曲は「悲しみよこんにちは」)。

1990年代に入ってからは詩作活動やナレーターなど幅広い活躍を見せるようになり、作詞家として女性歌手に作品提供を行う他、ミュージカルの作詞なども手掛けている。(参考文献:朝日新聞どらく+ウィキペディア+楽天ブックス)

主な出演作品

主な出演作品(テレビドラマ/主演クラス)に「スケバン刑事(1985年)」「連続テレビ小説・はね駒(1986年)」「あまえないでヨ!(1987年)」「あそびにおいでヨ!(1988年)」「LUCKY・天使、都へ行く(1989年)」「おとうと(1990年)」「女事件記者 立花圭子(1992年)」「まったナシ!(1992年)」「同窓会(1993年)」「ゼロの焦点(1994年)」「金曜エンタテイメント 美人三姉妹温泉芸者が行く!シリーズ(1995年-)」「別れたら好きな人(1999年)」「火曜サスペンス劇場・救命救急センターシリーズ(2000年-)」「火曜サスペンス劇場・緊急救命病院シリーズ(2003年-)」「吾輩は主婦である(2006年)」「お・ばんざい!(2007年)」「同窓会~ラブ・アゲイン症候群(2010年)」など多数。

斉藤由貴の名言集

自分で選んだのだから、
堂々と胸を張って不幸になりなさい。

(母に言われた言葉)

とにかく必死にやるとか、
みっともなくあがく
ということが意外に大事。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る