オルダス・ハクスリーの名言

オルダス・ハクスリーのプロフィール

オルダス・ハクスリー
著書一覧

オルダス・レナード・ハクスリー(Aldous Leonard Huxley/1894年7月26日-1963年11月22日/男性)は、イギリス・サリー出身の小説家作家エッセイスト詩人。小説『すばらしい新世界』の著者として知られる人物であり、小説家として有名ではあるが、詩や旅行記、エッセイなども多数発表。神秘主義研究でも知られ、神的な実在を認識した人間の思想研究を行った。 また、現在では一般的に使われている「サイケデリック(psychedelic)」という単語は、ハクスリーとハンフリー・オズモンド(精神科医)の文通の中から生まれたとのこと。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品(小説)に「すばらしい新世界(Brave New World)」「クローム・イエロー(Crome Yellow)」「道化踊り(Antic Hay)」「くだらない本(Those Barren Leaves)」「恋愛対位法(Point Counter Point)」「ガザに盲いて(Eyeless in Gaza)」「多くの夏を経て(After Many a Summer Dies the Swan)」「時は停まるにちがいない(Time Must Have a Stop)」「猿とエッセンス(Ape and Essence)」「ルーダンの悪魔(The Devils of Loudun)」「天才と女神(The Genius and the Goddess)」「島(Island)」などがある。

オルダス・ハクスリーの名言集

経験とは、
あなたに起こった
出来事ではない。

あなたに起こった
出来事を、

あなたがどう
受け止めたかである。

天才の極意は、
子供の精神を老年まで持ち越すこと、

すなわち決して
情熱を失わないことである。

何か悪いことをしたら、
反省して、
修正できるところは修正し、

次の機会には
もっとましな行動をとればよい。

人は歴史の教訓から
あまり多くのことを学べない。

この事実こそ、
歴史の教える教訓のうちで、
一番大切なものなのである。

私は妙案を
発明するのではなく、
発見するのだ。

あなたが確実に改善して行ける
宇宙の領域が一箇所だけある。
それは他ならぬあなた自身だ。

たいていの無知は、
克服できる無知である。

我々が知らないのは
知ろうとしないからである。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る