J・ウィラード・マリオットの名言

J・ウィラード・マリオットのプロフィール

J・ウィラード・マリオット(John Willard Marriot/1900年9月17日-1985年8月13日)は、アメリカ・ユタ州出身の実業家。世界中にホテルを展開するアメリカのホテル会社「マリオット・インターナショナル(Marriott International)」の創業者。

1927年にわずか9席のルートビア・スタンド「ホット・ショップ」(ルートビア:アルコールを含まない炭酸飲料の一種。アメリカの伝統的なハーブ飲料)をワシントンD.C.にオープンしたのが、マリオットグループの創業のはじまりであり、ルートビア・スタンドの店舗を順調に増やし、その後、機内食事事業も開始。給食事業、ハイウェイフードサービス、ファーストフードレストラン事業を手掛ける大企業にまで成長し、1968年にニューヨーク証券取引所に上場を果たす。後の主力事業となるホテル事業は、1957年に開業した「ツイン・ブリッジ」が最初。

1972年より息子の「J・ウィラード・マリオット・ジュニア」がCEOを務めているが、現在のマリオットグループにも創業者の思想は引継がれており、従業員を「アソシエイト(仲間、同僚)」と呼び、「アソシエイト(従業員)を大切にすれば、アソシエイトがお客様を大切にしてくれる」というポリシーは非常に有名。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

J・ウィラード・マリオットの名言集

穏やかな環境では、
質の良い材木は育たない。

風が強ければ強いほど、
材木は強くなる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る