坂上忍の名言

坂上忍のプロフィール

坂上忍
著書一覧

坂上忍(さかがみ しのぶ/1967年6月1日-/男性)は、東京都杉並区出身の俳優タレント歌手映画監督演出家。3歳から劇団に所属し、子役としてテレビドラマなどで人気を博す。80年代にはアイドル歌手としても活躍し、その後は俳優としてテレビドラマや映画などに多数出演。90年代後半からは監督としても作品を手掛けるほか、タレントとしてバラエティ番組などへの出演も多い。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP+サイゾー)

著書

主な著書に「偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方/講談社」「水の中の少女/扶桑社」「勝率八割の極意─坂上忍の麻雀兵法/ポケットブック社」「電話魔/双葉社」「みのつく女/文藝書房」「ひとりごと/文藝書房」「地球に落ちてしまった忍/小学館」「男が優しく眠る時/文藝書房」「こんな女に殺られてみたい/文藝書房」などがある。

坂上忍の名言集

生活するにはお金が必要。
だから働くわけ。

それが基本で、
仕事にやりがいを求めるのは
そのあとの話。

“頑張る”とか”一生懸命”
って言葉が嫌いなんですよ。
それは「当たり前」のこと。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る