マイケル・デルの名言

マイケル・デルのプロフィール

マイケル・デル
書籍一覧

マイケル・デル(Michael Saul Dell/1965年2月23日-/男性)は、アメリカ・テキサス州出身の実業家。世界市場トップレベルのシェアを誇るエンドツーエンドのソリューション・プロバイダー「デル(Dell)」の創業者として知られる人物。店頭に売られているコンピュータを分解・アップグレードしては友人に販売していた事がきっかけとなり、19歳の頃(1984年)に1,000ドルの資金を元手にテキサス大学の学生寮でコンピュータ会社「PC’s Limited」を設立。同年に大学を中退し、本格的な経営に乗り出す。同事業は「注文生産の製品を直接顧客に販売する」という販売店やディーラーを介さないコンピュータ業界初の直販制度で人気を集め急成長を遂げる。1988年に24歳の若さでNASDAQに株式公開。同年に社名を「デル・コンピュータ」に改名(2003年に「デル」に改名)。世界経済フォーラムのFoundation Board、International Business Councilの実行委員、U.S. Business Councilのメンバー、インド商科大学院の理事会のメンバーを務めるほか、米大統領の諮問委員会(科学技術に関する)の委員なども歴任している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「Michael Dell, Catherine Fredman, Direct from Dell(デルの革命 「ダイレクト」戦略で産業を変える)」などがある。

マイケル・デルの名言集

「すること」
それを決めるのは簡単だ。

難しいのは
「しないこと」を
決めることだ。

私は幼いころから、
不必要なステップを省略するのが
大好きだった。

だから、私が卸売業者を介さない
事業を始めたのも、
当然といえば当然だと思う。

最も単純なやり方が、
最も優れている場合が多い。

仕事が上手くいっても、
10億分の1秒だけ祝って
先に進む。

優れたアイデアを
すべて自分で着想することなど、
誰にも出来はしない。

大切なのは、
学習するスピードと
優れたアイデアを実行する
能力なんだ。

変化の時代に
チャンスを見出す鍵となるのは、

変化そのものを
受け入れることなのである。

非常に大きな
市場チャンスに出会った場合、
それに対処する道は一つしかない。

それは、
「分割して攻略する」ことだ。

私にとってはむしろ
学生でいることのほうが賭けだった。

大学にいる間に、
チャンスを取り逃がすかも
しれなかったからね。

型破りな発想をするためには、
天才でなくても、
ビジョンがなくてもいい。
大卒である必要さえない。

ただ、構想と夢を
持っていればいいだけの話だ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る