塚本徳臣の名言

塚本徳臣のプロフィール

塚本徳臣
書籍一覧

塚本徳臣(つかもと のりちか/1974年2月4日-/男性)は、長崎県出身の空手家。第6回全世界空手道選手権大会で優勝し、21歳で史上最年少の世界王者となる。その後も日本空手道選手権大会やカラテワールドカップ、全日本ウェイト制空手道選手権大会などで優勝を果たす。変則回し蹴り・膝蹴り・かかと落とし・胴回し回転蹴りなど、派手な大技を主体とした組手で一本勝ちを積み重ねたことから「革命児」とも称された。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「空手革命/ネコ・パブリッシング」などがある。

塚本徳臣の名言集

人生は一分一秒、
こっちにしよう、
あっちにしようという選択。

それを楽なほうではなくて、
厳しいけど
正しい方向に持っていくのが、
自分に勝つということ。

日々、自分の言動を
反省することによって
我欲が取り除かれていくんです。

悪い行ないをしていると、
心は曇ってきます。

その曇りは反省をすることによって
取れていくんです。

本物の強さは、
相手に勝つことじゃない。
自分に勝つことですよ。

それはつまり、
我欲を捨て去る勇気が
あるかどうかということです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る