ジョン・キーツの名言

ジョン・キーツのプロフィール

ジョン・キーツ
書籍一覧

ジョン・キーツ(John Keats/1795年10月31日-1821年2月23日/男性)は、イギリス・ロンドン出身の詩人。ロマン主義の詩人として知られる人物であり、1817年に処女詩集『詩集』(Poems by John Keats)を発表。病により25歳の若さで亡くなり、墓石には彼の遺言により「その名を水に書かれし者ここに眠る(Here lies one whose name was writ in water)」と刻まれている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品(詩集など)に「レイミア(Lamia)」「秋に寄せて(To Autumn)」「ギリシャの古壺のオード(Ode on a Grecian Urn)」「ハイペリオンの没落(The Fall of Hyperion/未完)」「エンディミオン(Endymion)」などがある。

ジョン・キーツの名言集

わたしはスミレです。
褒めてくださいな。

わたしは桜です。
かわいがってくださいな。

と言ったとしたら、
花の美しさは、
いっぺんに失われてしまう。

自身で経験するまでは、
何事も本物ではない。

多くの人が知っている
“ことわざ”であっても同じ事だ。

知性を高めていく唯一の方法は、
どんなことについても
断定した考えを持たないこと。

つまり、あらゆる思想に対して
聞く耳を持つということである。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る