遠藤保仁の名言

遠藤保仁のプロフィール

遠藤保仁
書籍一覧

遠藤保仁(えんどう やすひと/1980年1月28日-/男性)は、鹿児島県桜島町出身のサッカー選手。日本代表の出場数最多記録保持者(国際Aマッチ)として知られる選手であり、正確なパスやフリーキックで高い評価を獲得している人物。1998年に横浜フリューゲルスでプロデビューを果たし、京都パープルサンガを経て、2001年にガンバ大阪に移籍。ガンバ大阪の中心選手として長きに渡って活躍を続けている。主な受賞歴に日本年間最優秀選手賞(2008年)、アジア年間最優秀選手賞(2009年)など。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に「自然体 自分のサッカーを貫けば、道は開ける/小学館」「眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意/カンゼン」「観察眼/角川書店」「信頼する力 ジャパン躍進の真実と課題/角川書店」「サッカーってやつは…。/日本スポーツ企画出版社」「明日やろうはバカヤロー/日本スポーツ企画出版社」などがある。

遠藤保仁の名言集

どこにいても、
何歳でも、
成長できる。

一番になる必要はない。
生き残ることが大事。

人生、ダメでもともと。
成功したら儲け物。

才能は持っているだけでは
才能とは言えない。

ミスは気にする必要はない。
誰だってミスはする。

重要なのは、
そのミスをどう次に活かすか。

同じミスを何度も繰り返すのは、
どんな世界でも許されない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る