丸岡いずみの名言

丸岡いずみのプロフィール

丸岡いずみ
書籍一覧

丸岡いずみ(まるおか いずみ/1971年8月6日-/女性)は、徳島県美馬郡出身のニュースキャスターアナウンサータレント。1994年に北海道文化放送にアナウンサーとして入社。1999年にフリーに転身し、CS放送・NNN24のフィールドキャスターなどを担当。2001年に日本テレビ報道局に中途入社し、警視庁記者クラブなどで活躍。2010年には『news every.』のキャスターに就任。しかし、2011年に体調不良により長期休養に入り、2012年に日本テレビを退社。2013年に芸能活動を再開。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書に「仕事休んでうつ地獄に行ってきた/主婦と生活社」などがある。

丸岡いずみの名言集

うつ病になるまで私は
「仕事=人生」といった
考えを持っていました。

仕事をしている
=生きているという感覚。

父から言われた
「休むことも生きること」
という言葉も、

最初こそ反発しましたが、
あとからじわりと
心に響きました。

私の座右の銘は
「人生大戯場」。

元は俳人の小林一茶の言葉ですが、
「人は人生という舞台で、
戯れるように、そのときそのときを
主役として存分に振る舞う」
と私は解釈しています。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る