童門冬二の名言

童門冬二のプロフィール

童門冬二
著書一覧

童門冬二(どうもん ふゆじ/1927年10月19日-/男性)は、東京都出身の小説家作家。本名は「太田久行」。目黒区役所勤務を経て、東京都立大学理学部事務長、知事秘書、広報室長、政策室長などを歴任。1979年の退職後は作家活動に専念し、数々の作品を製作。主に歴史小説で知られる人物ではあるが、他のジャンルの作品も多く発表している。1999年に勲三等瑞宝章を受賞。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書に「上杉鷹山」「情の管理・知の管理」「吉田松陰」「前田利家」「暗い川が手を叩く」「明日は維新だ」「新篇座頭市」「西郷隆盛」「新撰組山南敬助」「沖田総司血涙録」「小説都庁 太田久行」「坂本龍馬に学ぶ」「遠山金四郎」「宮本武蔵の人生訓」「盛者の群像 変革期にまなぶ行動学」「勝海舟の人生訓」「組織力の人物学」「近江商人魂 蒲生氏郷と西野仁右衛門」「武田信玄の人間学」「家訓で活かす経営戦略」「歴史の中の名総務部長」「春日局」「人生を選び直した男たち」「徳川家光の人間学」「江戸のビジネス感覚」「強いリーダー生き方の秘密」「幕末維新の出向社員」「人心掌握の天才たち」「歴史に学ぶ指導者の企画力」「渋沢栄一人間の礎」「戦国の家長 生き残るために何をしたか」「幕末人間学」「50歳からの勉強法」「恕 日本人の美しい心」「人生が開ける戦国武将の言葉」などがある。

童門冬二の名言集

お前が今いる場所で
最善を尽くせばいいんだ。

大きなことでなくても、
今の自分がやれることを
探しなさい。

内なる自分を見つめながら、
やるべきことを考えること。

それが人生というもの
ではないだろうか。

自分自身がもっているものに
もう一度目を向けること。

学ぶべきものは
よそにあるのではなく、
自分自身のなかにこそある。

今の自分ができることを
考え続けることです。

何が自分にできるのか。
やるべきことは何なのか。

その答えは
誰も与えてはくれない。

内なる自分の心を
辿って行くしかないのです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る