ニーチェの名言

ニーチェのプロフィール

ニーチェ
書籍一覧

フリードリヒ・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche/1844年10月15日-1900年8月25日/男性)は、ドイツの哲学者・古典文献学者。実存主義の先駆者として知られる人物であり、近代(現代よりも前の時代)の終焉を告げた思想家とも呼ばれている。世界は何か目標に向かって動くのではなく、現在と同じ世界を何度も繰り返すという世界観である「永劫回帰(永遠回帰)説」は特に有名(この概念は古代ギリシアの「回帰的時間概念」がベースとなっている)。また、後世の文学・哲学に大きな影響を与えたことでも知られ、特にハイデガー、バタイユ、ユンガー、ドゥルーズ、フーコー、デリダなどの哲学者や思想家が強い影響を受けているほか、フランスの五月革命・民主化運動(1968年)のバックボーンにあるのもニーチェ思想だったと言われている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著作

主な著作(論文含む)に「この人を見よ」「アンチクリスト」「偶像の黄昏」「ニーチェ対ヴァーグナー」「ヴァーグナーの場合」「道徳の系譜」「善悪の彼岸」「ツァラトゥストラはかく語りき」「悦ばしき知識」「曙光」「人間的な、あまりにも人間的な」「音楽の精神からのギリシア悲劇の誕生」「バイロイトにおけるヴァーグナー」「教育者としてのショーペンハウアー」「生に対する歴史の利害」「ダーヴィト・シュトラウス、告白者と著述家」などがある。

ニーチェの名言集

一日一日を始める
最良の方法は、

目覚めの際に、
今日は少なくとも一人の人間に、

一つの喜びを与えることが
できないだろうかと、
考えることである。

樹木にとって
最も大切なものは何かと問うたら、
それは果実だと誰もが答えるだろう。
しかし、実際には種なのだ。

人は、常に前へだけは進めない。
引き潮あり、差し潮がある。

みずから敵の間へ
躍り込んでいくのは、
臆病の証拠であるかもしれない。

人間のみが
この世で苦しんでいるので、
笑いを発明せざる得なかった。

悪とは何か。
弱さから生ずるすべてのものである。

善も強ければ、
悪にも強いというのが、
いちばん強力な性格である。

高く登ろうと思うなら、
自分の脚を使うことだ。

高いところへは、
他人によって運ばれてはならない。
ひとの背中や頭に乗ってはならない。

自分を破壊する一歩手前の負荷が、
自分を強くしてくれる。

夫婦とは、
長い会話である。

事実というものは存在しない。
存在するのは解釈だけである。

あらゆる人間は、
いかなる時代におけるのと同じく、
現在でも奴隷と自由人に分かれる。

自分の一日の三分の二を
自己のために持っていない者は
奴隷である。

あなたにとって
もっとも人間的なこと。

それは、誰にも恥ずかしい思いを
させないことである。

人生を、
危険にさらせ!

苦しみをともにするのではなく、
喜びをともにすることが友人をつくる。

生きる意味を見出した者は、
たいていのことは耐えられる。

自分の力以上のことを
つくり出そうとして

そのためにたおれていく人を
私は愛する。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る