木暮太一の名言

木暮太一のプロフィール

木暮太一

木暮太一(こぐれ たいち/1977年-/男性)は、千葉県船橋市出身のビジネス書作家、経済ジャーナリスト。慶應義塾大学経済学部在学中に学生向けの経済学入門書を自主制作し、累計5万部の売上を記録。大学卒業後は、リクルート、富士フイルム、サイバーエージェントを経て独立。経済やビジネスに関するテーマを中心に執筆・講演活動を行っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書に「社会人のためのやりなおし経済学/日本経済新聞出版社」「カイジ「勝つべくして勝つ!」働き方の話/サンマーク出版」「カイジ「命より重い!」お金の話/サンマーク出版」「伝え方の教科書 誰からも「わかりやすい!」と言われる/WAVE出版」「超入門 資本論/ダイヤモンド社」「マンガ+講義でよくわかる経済学超入門/東洋経済新報社」「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?/星海社・講談社」「今までで一番やさしい経済の教科書/ダイヤモンド社」「今までで一番やさしいミクロ経済学 知識ゼロから応用まで、完全対応!/マトマ商事」「ずっと「安月給」の人の思考法 いつまでも薄給の「あの人」みたいにならない思考のヒント/アスコム」「「分かりやすい説明」のルール 学校で教えてくれない/光文社」「この一冊で「経済」のしくみが丸ごとわかる!/青春出版社」「いまこそアダム・スミスの話をしよう 目指すべき幸福と道徳と経済学/マトマ商事」「大学で履修する入門経済学が1日でつかめる本 絶対わかりやすい経済学の教科書/マトマ商事」「がよくなる「経済学思考」の技術/中経出版」「ミクロ経済学の楽論 みるみるわかる/遊タイム出版」「すぐわかるマクロ経済 景気・お金・市場ってなんだ?/静山社」「子供に教える「経済学」 世界一やさしい経済の授業/青春出版社」などがある。

木暮太一の名言集

「千里の道も一歩から」
「石の上にも三年」など
努力を推奨する言葉は
たくさんあります。

しかし、言うは易く
行うは難しで
努力を続けられる人は
非常に少ない。

ところが、努力を
続けたかどうかは
圧倒的な結果の差を生みます。

気がついたら
遠いところに行っていた
というのは
努力によるところが大きい。

高い評価を得られるのは
他人を寄せ付けないほどの
「圧倒的な積み上げ」

もしくは他人とは違う
「独自路線の積み上げ」です。

資本主義は
差を評価します。

他人と同じでは
それなりの評価しか
得られません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る