儒学者の名言 一覧

儒学者とは?

儒学
書籍一覧

儒学者(じゅがくしゃ)とは、儒教を自らの行為規範にするために儒教を学んだり、研究したりする人の総称のこと。儒者(じゅしゃ)、儒生(じゅせい)とも呼ばれている。ただし、単に儒学を研究しているだけで儒教を信奉していない者や自らの行為規範にしようとしていない者は、儒学者ではないという意見もあるが、一般的には「儒学者」に分類されることが多い。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

儒学者 一覧

あ行

伊藤 仁斎(いとう じんさい)
古義学を確立し儒学界の一天地を開いた江戸時代前期の儒学者、思想家
王陽明(おうようめい)
実践儒学「陽明学」を起こした中国の明代の儒学者、思想家
大塩 平八郎(おおしお へいはちろう)
江戸時代後期の儒学者、陽明学者

か行

貝原 益軒(かいばら えきけん)
江戸時代の本草学者、儒学者

さ行

佐藤一斎(さとう いっさい)
江戸幕府直轄の教学機関「昌平坂学問所」の塾長として多くの門弟の指導に当たった儒学者、教育者
子思(しし)
中国戦国時代の儒学者
朱子(しゅし)
儒教の体系化を図ったことで知られる中国宋代の儒学者
荀子(じゅんし)
中国・戦国時代末の思想家、儒学者

は行

藤原 惺窩(ふじわら せいか)
戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した儒学者

ま行

孟子(もうし)
儒教において孔子と共に最重要人物とされる中国の儒学者
森田 節斎(もりた せっさい)
江戸時代後期に活躍した儒学者

や行

山鹿 素行(やまが そこう)
江戸時代前期に活躍した儒学者、軍学者

ら行

呂坤(呻吟語)(りょこん/しんぎんご)
「呻吟語」の著者として知られる中国・明時代の儒学者、哲学者、政治家

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る