山崎亮の名言

山崎亮のプロフィール

山崎亮
著書一覧

山崎亮(やまざき りょう/1973年9月9日-/男性)は、愛知県出身のランドスケープ&コミュニティデザイナー実業家。株式会社studio-Lの代表を務める人物であり、公共空間のデザインやプロジェクトマネジメントを手掛けている。京都造形芸術大学芸術学部空間演出デザイン学科教授、慶応義塾大学特別招聘教授。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書・書籍(共著含む)に「森ではたらく!」「コミュニティデザイン 人がつながるしくみをつくる」「まちの幸福論 コミュニティデザインから考える」「コミュニケーションのアーキテクチャを設計する 藤村龍至×山崎亮対談集」「藻谷浩介さん、経済成長がなければ僕たちは幸せになれないのでしょうか?」「山崎亮とゆくコミュニティデザインの現場」「ソーシャルデザイン・アトラス 社会が輝くプロジェクトとヒント」「幸せに向かうデザイン 共感とつながりで変えていく社会」「まちへのラブレター 参加のデザインをめぐる往復書簡」「テキストランドスケ-プデザインの歴史」「コミュニティデザインの時代 自分たちで「まち」をつくる」「つくること、つくらないこと 町を面白くする11人の会話」などがある。

山崎亮の名言集

どんな意見も「いいですね!」
とまずは受け入れる。

そして「じゃあもっとこうしましょう」
「いいですね!だったら…」というふうに
イエスとアンドで話を進めていくと、
話がどんどん展開していくんです。

逆に相手の話を否定し、
できない理由を探す
「ノー・バット」で対応したら、
どうなるでしょう。

どんな提案をしても、
「それはだめだ。なぜなら…」
なんて言われ続けたら、

会話する気力が
無くなってしまいます。

どんなにいい意見だったとしても、
心を閉ざしていては、
話し合うこともできません。

「自分がやりたいこと」
「自分ができること」
「社会や世の中が求めていること」

この3つの輪っかが真ん中で
交わったところにある事柄が、
あなたの柱として堅固に
育てていくべき事業になるはず。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る