芸妓・舞妓の名言

芸妓・舞妓とは?

芸妓・舞妓
書籍一覧

芸妓・舞妓(げいこ・げいぎ/まいこ)とは、舞踊や鳴物などで宴席に興を添え、客をもてなす女性のこと。芸者・芸子(げいしゃ/げいこ)とも呼ばれる他、芸妓の見習い修行段階の者は舞妓と呼ばれる。江戸時代中期ごろから盛んになった職業の一つで、当初は男芸者と女芸者が存在し、京都や大坂では芸者が男性、芸子が女性を指していたが、しだいに男性を芸者とは呼ばなくなり、明治頃になると芸者も女性を指す言葉になったとのこと。また、京都では芸妓を「芸妓(げいこ)」、見習を「舞妓(まいこ)」と呼ぶが、関東地方では芸妓を「芸者」、見習を「半玉(はんぎょく)」「雛妓(おしゃく)」などと呼ぶのが一般的となっている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

芸妓・舞妓 一覧

あ行

新城 浪(あらしろ なみ)
石垣島出身の歌三味線師、元芸妓

か行

桐木 千寿(きりき ちず)
祇園甲部で高い人気を誇った元芸妓、華道家

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る