Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
水谷豊の名言 | 地球の名言

水谷豊の名言

水谷豊のプロフィール

水谷豊
作品一覧

水谷豊(みずたに ゆたか/1952年7月14日-/男性)は、北海道芦別市出身の俳優歌手。1965年(当時13歳)に劇団ひまわりへ入団し、1968年にフジテレビ系『バンパイヤ』で主役に抜擢。大学受験のため、役者の世界から離れていたものの、1970年に『その人は女教師』で映画デビュー。1978年には最高視聴率46.7%をたたき出した名ドラマ『熱中時代(教師編)』の主演を務め、大ブレイク。水谷が演じた主人公のキャラクターが「理想の教師像」として社会現象となったほか、特徴的な訛りのある口調も流行となった。近年では、刑事ドラマ「相棒シリーズ」の杉下右京役で知られている。また、歌手としても高い人気を集め、1986年に音楽活動を休止していたものの、2008年に音楽活動を再開し、同年に発表したセルフカバーアルバムがオリコン2位にランクインするなど根強い人気を誇っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

出演作

主な出演作(テレビドラマ)に「相棒シリーズ」「熱中時代・教師編シリーズ」「男たちの旅路シリーズ」「刑事貴族シリーズ」「演歌・唱太郎の人情事件日誌シリーズ」「探偵事務所シリーズ」「地方記者・立花陽介シリーズ」「朝比奈周平ミステリーシリーズ」「事件記者・三上雄太シリーズ」「探偵 左文字進シリーズ」「法律事務所シリーズ」「だましゑ歌麿シリーズ」「湘南女子寮物語」「流れ板七人」「誰かが嘘をついている」「居酒屋もへじシリーズ」「パートタイム裁判官シリーズ」「浅見光彦ミステリーシリーズ」「気分は名探偵」「あんちゃん」「事件記者チャボ!」「オレの愛妻物語」など多数。

水谷豊の名言集

人づき合いに努力するって、
ちょっと違うような気がする。

うまくつき合おうとすると、
どうしても、よく思われようと
行動してしまうでしょ。

その結果、意に反して、
相手に嫌われてしまう。

うまくつき合おう
とするんじゃなくて、

自分に正直に、
自然体で相手に接する。

無理のない自分を見せるほうが
結局はうまくつき合っていける。

俳優はバイトでね、
歌はパート。

本業はとりあえず
「生きていること」
にしているんです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る