大山泰弘の名言

大山泰弘のプロフィール

大山泰弘
著書一覧

大山泰弘(おおやま やすひろ/1932年-/男性)は、東京都出身の実業家。チョークをはじめとした文房具・事務用品の製造販売企業「日本理化学工業」の会長・元社長。知的障害者の雇用に力を入れていることでも知られる人物であり、1975年に全国初の心身障害者雇用モデル工場を開設。厚生労働大臣表彰・内閣総理大臣表彰、企業フィランソロピー大賞社会共生賞などを受賞している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+WEDGE Infinity+PHP)

著書

主な著書に「利他のすすめ チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵/WAVE出版」「働く幸せ 仕事でいちばん大切なこと/WAVE出版」などがある。

大山泰弘の名言集

人間の究極の幸せは四つ。
人に愛されること、
人に褒められること、
人の役に立つこと、
そして、人から必要とされること。

幸せは働くことによって
得られます。

工場見学に来る小学生や中学生に
『働くって、どういうこと?』
と投げかけると

『おカネをもらうことです』って。
大人たちがそう言っているんですね。

でも僕は、働くとは、
人に必要とされ、
人の役に立つことだと思います。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る