ひすいこたろうの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひすいこたろうのプロフィール

ひすいこたろう
著書一覧

ひすいこたろうは、新潟県出身の著述家自己啓発作家コピーライター心理カウンセラー。ディスカヴァーMESSAGE BOOK大賞で特別賞を受賞しベストセラーを記録した『3秒でハッピーになる名言セラピー』の著者として知られる人物であり、その他にも多くの自己啓発関連の著書を発表している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に「3秒でハッピーになる名言セラピー」「常識を疑うことから始めよう 嵐の時代を生き抜くヒント」「ココロの教科書 「大人のオマジナイ」で人生が変わる!」「あした死んでも後悔しないためのノート」「名言セラピー幕末スペシャル The Revolution」「人生が100倍楽しくなる名前セラピー」「人生に悩んだら「日本史」に聞こう 幸せの種は歴史の中にある」「あした死ぬかもよ?」「運命の流れを変える!しあわせの「スイッチ」」「明日が見えないときキミに力をくれる言葉」「心にズドン!と響く「運命」の言葉」「ザ・バースデー365の物語」「漢字幸せ読本 漢字は答えを知っている」「人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方」「心が折れそうなときキミを救う言葉」「ニッポンのココロの教科書 日本にある世界一幸せな法則38」「Happy名語録」「漢字セラピ- 五つ星のしあわせ」「朝にキク言葉」「シアワセの取説」など多数。

ひすいこたろうの名言集

あなたがくだらないと
思っている今日は、

昨日亡くなった人が、
なんとかして生きたかった、

なんとしてでも生きたかった。
今日なんです。

あなたひとり輝けばいい。
そうすれば全体が輝く。

アメリカで90才以上の人に
アンケートをとりました。

「90年の人生を振り返って
唯一後悔している事はなんですか?」

これに対して90%の人が
同じ答えだったそうです。

「もっと冒険しておけばよかった」
だそうです。

しあわせだから
笑ってるんじゃない。

笑ってるから
しあわせになるんだ。

「1年前に自分が何について
悩んでいたか覚えていますか?」

覚えている人なんて
まず、いません。
悩みは勝手になくなるのです。

「自分のために」では、
行けるところに
限りがあるんだと思います。

「あの人の喜ぶ顔を見たいから」
そんなとき、人は
ありえないところまで行けます。

どっちに転ぼうが、
結局、人生は
生きているだけで丸儲け。

過去は英語で「PAST」
未来は英語で「FUTURE」

では、現在を
英語でなんというでしょうか?

A.「プレゼント」
「PRESENT」と言います。

人に「ありがとう」
と声を出して言ってみる。

すると、脳はその人に対して、
感謝する合理的な理由を探し出す。

そうすると、周りの人の
いいところが見えやすくなる。

泣いてたって、
笑ってたって、
明日は来るんだ。
だったら、笑おうか。

正解を探すのが
人生ではない。

いまできることをやるのが、
人生なんです。

人生は結果ではないのです。
勝ち負けよりも、
人に勇気を与えるものは、
「生き様」なのです。

つまり、不幸だろうが、
困難があろうが、借金があろうが、
関係ない。

いま、どう生きるか、
そこが勝負。

この世で一番大きく悩んだのは、
ブッタとイエスキリストだったのでは
ないかと僕は思っています。

どうやったらこの世界を救えるだろう?
って、彼らは
真剣に悩んだと思うのです。

悟ったら悩みがなくなるのではなく、
悟ったら悩みが大きくなるのです。

才能とは、
どこまで大きく悩めるかということ。
大きく悩む人ほど飛躍します。

「できない」と思っていたら、
100年経ってもできませんが、

「できるかも」と思えたら、
それはできます。

この差は、
天と地ほど大きい。

夢があっても、
やりたいことがあっても、

そのためにいまできることを、
何もしていない。

それでは、5年経っても、
できるはずがないのです。

5年後に叶えたい夢があるなら、
その準備に5年かかるということ。

だから、今日にもその準備に、
取りかかっていなければ、
いけないはずなのです。

「涙のあとに立ちあがる」
と書いて「泣く」。

不幸な人と幸せな人の違いは、
見ているところだけなんです。

不幸な人は
不幸を見つけるのがうまい。

幸せな人は
幸せを見つけるのがうまいんです。
違いはそれだけ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)、翻訳、意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


スポンサーリンク



バックナンバー


ページトップに戻る