本並健治の名言

本並健治のプロフィール

本並健治(ほんなみ けんじ/1964年6月23日-/男性)は、大阪府出身の元サッカー選手(ゴールキーパー)、サッカー指導者解説者。大阪商業大学卒業後、松下電器産業サッカー部に入団(ガンバ大阪の前身)。1993年のJリーグ発足後はガンバ大阪の人気選手の1人となるが、試合中に腎臓破裂の重傷を負い、約7ヶ月間ピッチを離れる。復帰後に日本代表に選出され、フランス戦、ガーナ戦など3戦に出場。1997年シーズン途中にヴェルディ川崎にレンタル移籍(1998年に完全移籍)し、第2期全盛期と言える活躍を見せた。2001年を最後に現役を引退。以降はサッカー解説者としての活動のほか、サッカー指導者として京都産業大学や東海大学付属仰星高等学校のサッカーコーチ、スペランツァFC大阪高槻(なでしこリーグ)の監督などを務めている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

本並健治の名言集

起きてしまったことは
変えられないけど、

未来は自分次第で
変えられる。

ミスをしたら、
引きずるのではなく

「じゃあ次はどうする?」
と考えるほうが
自分にとってプラスになる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る