Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
アンナ・パヴロワの名言 | 地球の名言

アンナ・パヴロワの名言

アンナ・パヴロワのプロフィール

アンナ・パヴロワ
書籍一覧

アンナ・パヴロヴナ・パヴロワ(Anna Pavlovna Pavlova/1881年2月12日-1931年1月26日)は、20世紀初頭に活躍したロシア・サンクトペテルブルク出身のバレリーナ。9歳の頃に観た『眠れる森の美女』をきっかけにバレエダンサーを志すようになり、帝室バレエ学校で学んだ後、マリインスキー・バレエに入団。色白・細長の顔に狭い肩幅、美しい足という理想的な体型を持ったパヴロワは、貧しい家の出であったものの順調に昇進を果たし、1903年に『ジゼル』(プティパによる改訂版)で成功を収めた他、1907年に慈善公演で小品『白鳥』(M・フォーキン振付)を踊り、大きな注目を集める。後者はのちに「瀕死の白鳥」と呼ばれるようになり、パヴロワの代名詞になる。1911年に自身のバレエ団「パヴロワ・カンパニー」を創設し、イギリスを中心に世界巡演を開始。日本でも1922年(大正11年)に来日公演(全国8都市)を行っており、日本におけるバレエの定着・普及に貢献したため、エリアナ・パヴロワ、オリガ・パヴロワと共に日本バレエ界の恩人「三人のパヴロワ」の一人として数えられている。また、パヴロワの代名詞となったバレエ作品「瀕死の白鳥」は、彼女の死後、約20年間著名なバレリーナによって踊られていなかったものの、同じロシアの偉大なバレエダンサー「マイヤ・プリセツカヤ」が違う振り付けで公演を行っている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

書籍

主な関連書籍に「アンナ・パブロワ 世界にバレエのすばらしさを伝えた「白鳥」」などがある。

アンナ・パヴロワの名言集

立ち止まることなく
一つの目的を追い求めること。

これが
成功するための秘密です。

私にとっての成功は、
人々の称賛の中にではなく、

自分の理想が実現していくという
満足感の中にある。

才能だけで
成功することなんてできない。

才能は神が与えるけれど、
努力はその人を天才に変えてくれる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る