岸本葉子の名言

岸本葉子のプロフィール

岸本葉子
著書一覧

岸本葉子(きしもと ようこ/1961年6月26日-/女性)は、神奈川県出身の女性エッセイスト。本名は下田昌子。東京大学教養学部教養学科を卒業後、東邦生命保険相互会社に入社。在職中に『クリスタルはきらいよ』を出版し、同書はドラマ化もされる。同社退社後に北京外国語学院(中国)への留学を経て、文筆生活に入る。生活エッセイを中心に発表しているほか、自身の虫垂癌の経験から、その手術・治療体験談に関する書籍の発表、ガン克服キャンペーンなどへの参加も行っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書に「がんから始まる」「幸せは97%で」「カートに入れる?」「ためない心の整理術 もっとスッキリ暮らしたい」「「和」のある暮らししています」「岸本葉子の根菜ごはんのすすめ」「いろんなものに、ハマってきました」「いのちの養生ごはん 暮らしと食べ物エッセイ&レシピ」「買おうかどうか」「わたしのひとり暮らし手帖 安心・快適・健康な毎日にする52のコツ」「俳句、はじめました 吟行修業の巻」「エッセイ脳 800字から始まる文章読本」「「そこそこ」でいきましょう」「できれば機嫌よく生きたい」「わたしの週末なごみ旅」「東京花散歩」「週末ゆる散歩」「ほどのよい快適生活術 食べる、着る、住む」「買わずにいられる?」「「こつこつ」と生きています」「ひとりの老後は大丈夫?」「ちょっと古びたものが好き」「わたしの和探し手帖」「キレイのために病院へ行こう! アンチエイジング体験記」「希望の言葉を贈りあおう」「自問自答」「刺激的生活」「ブータンしあわせ旅ノート」「からだのじてん」「ひとりを楽しむゆる気持ちいい暮らし」「女の旅じたく」「四十でがんになってから」「楽で元気な人になる」「まだまだ、したいことばかり」「おひとりさまのはつらつ人生手帖」「幸せまでもう一歩」「がんと心」「五十になるって、あんがい、ふつう。」など多数。

岸本葉子の名言集

「こうあるべき」
「こうありたい」
と思う気持ちが強すぎてしまうと、

視野は狭くなり、
心の余裕はどんどん失われていきます。

長い人生の中で見れば、
とても小さな点かもしれません。

けれどもその点は、
やがて線となり面となって、
私の人生を形作っていく。

ならば過去を振り返った時に
「良かったな」と思える点を
できるだけたくさん集めたい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る