藤本隆宏の名言

藤本隆宏のプロフィール

藤本隆宏

藤本隆宏(ふじもと たかひろ/1970年7月21日-/男性)は、福岡県北九州市出身の俳優、元競泳選手。競泳選手としてソウルオリンピック、バルセロナオリンピックに出場した後、俳優に転身した異色の経歴で知られる人物。水泳留学の際に観たミュージカル『レ・ミゼラブル』に感動し、舞台俳優を志すようになり、競泳選手を引退後、劇団四季に研究生として入団。劇団四季で舞台俳優として活躍した後、TVドラマや映画への出演も行っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

出演作

主な出演作(TVドラマ)に「坂の上の雲(NHK)」「JIN-仁- 完結編」「大河ドラマ『平清盛』」「島の先生」「ガラスの家」「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」「連続テレビ小説『花子とアン』」などがある。

藤本隆宏の名言集

人生には、
いい時も悪い時もあって、

悪い時の方が練習を頑張ったり、
その次にくる喜びが
大きかったりします。

挫折と思った瞬間も、
あとになってみると、
自分にとってプラスになっていた
ということもよくある。

つらい時期は
絶対また這い上がれることが
できるということを
教えてくれる時期。

何に対してもとにかく
一生懸命やっている人生が
好きなんです。

たとえ失敗だったとしても
一生懸命やったことからは、
必ず何か得られるものがある。

逆に一生懸命やらないと、
後悔しか残らないと思うのです。

ですから、辞めるとか、
逃げるということは考えません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る