鷲田清一の名言

鷲田清一のプロフィール

鷲田清一
著書一覧

鷲田清一(わしだ きよかず/1949年9月2日-/男性)は、京都府京都市出身の教育者哲学者大学教授。関西大学文学部教授や大阪大学総長、大谷大学教授などを歴任した人物であり、臨床哲学・倫理学を専門としている。2004年に紫綬褒章を受章。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に「大事なものは見えにくい」「「聴く」ことの力 臨床哲学試論」「ちぐはぐな身体 ファッションって何?」「じぶん・この不思議な存在」「「待つ」ということ」「〈ひと〉の現象学」「ひとはなぜ服を着るのか」「モ-ドの迷宮」「死なないでいる理由」「悲鳴をあげる身体」「「自由」のすきま」「大人のいない国」「パラレルな知性」「おとなの背中」「京都の平熱 哲学者の都市案内」「東北の震災と想像力 われわれは何を負わされたのか」「服と社会を考えるシリ-ズ」「身体をめぐるレッスンシリーズ」「たかが服、されど服 ヨウジヤマモト論」「「哲学」と「てつがく」のあいだ 書論集」「まなざしの記憶 だれかの傍らで」「思考のエシックス 反・方法主義論」「所有のエチカ」「時代のきしみ 〈わたし〉と国家のあいだ」「噛みきれない想い」などがある。

鷲田清一の名言集

本当の絆とは何なのか。
それは、生きていくために、
食べていくために
力を合わせて働くこと。

そこで初めて
人間同士の絆は生まれるのです。

物を買うことや遊ぶことからは、
真の絆は生まれない。

生きるためにお互いが
助け合うという心にしか、
絆は宿らないのです。

右肩上がりの時代は、
もうとっくに終わりました。

これからは生活を
悪戯に膨張させるのではなく、
生活の質を高めていくこと。

それが成熟した社会の
あるべき姿です。

そのためにはまず、
自分たちの身の回りを四つの視点から
仕分けをすることが大事です。

一は絶対に
手放してはならないもの。

二はあればいいけど、
なければないでいいもの。

三はあきらかに
なくていいもの。

四は絶対に
あってはならないもの。

生きていくために不要な物。
こんなものにいつまでも
執着してはいけない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る