百田尚樹の名言

百田尚樹のプロフィール

百田尚樹
著書一覧

百田尚樹(ひゃくた なおき/1956年2月23日-/男性)は、大阪府大阪市出身の放送作家小説家。大学中退後、放送作家となり『探偵!ナイトスクープ』のチーフライターを長年に渡り務めたほか、『大発見!恐怖の法則』『合コン!合宿!解放区!』などの番組構成を手掛けた。2006年に『永遠の0』で小説家デビューも果たし、同書は2012年に100万部を突破。『永遠の0』『ボックス!』『モンスター』などの作品が映画化もされている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書に「永遠の0」「聖夜の贈り物(改題:輝く夜)」「BOX!」「風の中のマリア」「モンスター」「リング(改題:「黄金のバンタム」を破った男)」「影法師」「錨を上げよ」「幸福な生活」「プリズム」「海賊とよばれた男」「夢を売る男」「至高の音楽 クラシック永遠の名曲」「ゼロ戦と日本刀 美しさに潜む「失敗の本質」」「日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ」などがある。

百田尚樹の名言集

今いるところで
ベストを尽くした人間こそが、
新しい世界にふみだせる。

何でもそうですが、
努力に見合う成果が
すぐに出るはずもありません。

半年程度であきらめるなら、
やらないほうがいい。

たとえ芽が出なくても、
五年、十年頑張る。

そういう覚悟をもって
踏み出してほしい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る