セルバンテスの名言

ミゲル・デ・セルバンテスのプロフィール

セルバンテス
書籍一覧

ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ(Miguel de Cervantes Saavedra/1547年9月29日-1616年4月23日/男性)は、小説「ドン・キホーテ」(Don Quijote de la Mancha)の著者として有名なスペインの作家小説家。スペイン語における世界的大文学者のひとりであり、同時代や後世の作家に多大な影響を与えたことでも知られ、シェイクスピアチャールズ・ディケンズ、ハーマン・メルヴィル、ギュスターヴ・フローベール、ホルヘ・ルイス・ボルヘス、ジェームズ・ジョイス、フョードル・ドストエフスキーなど多くの文学者たちに影響を与えた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「ドン・キホーテ前編(El ingenioso hidalgo Don Quijote de La Mancha)」「ドン・キホーテ後編(Segunda parte del ingenioso caballero Don Quijote de La Mancha)」「ペルシーレスとシヒスムンダ(Persiles y Sigismunda)」「模範小説集(Novelas Ejemplares)」「リンコネーテとコルタディーリョ(Rinconete et Cortadillo)」などがある。

セルバンテスの名言集

人生は、
1枚の銀貨のようなものだ。

それをどう使おうと勝手だが、
使えるのはたった1度きりである。

パンさえあれば、
たいていの悲しみは
乗り越えられる。

自分のポケットの中の小銭は、
他人のポケットの中の大金に勝る。

「そのうちやる」
という名の道を歩いて行けば、

「何もしない」という
名札のかかった家に、
行きつくことになる。

命があるのなら、
希望はいくらでもある。

ことわざとは、
長い経験に基づく
短い文のことである。

流れに逆らおうとしても
無駄な事だ。

流れに身を任せてしまえば、
誰だって
港にたどり着くことが出来る。

人生は山あり、
谷ありである。

しかし、山だの谷だのと思って、
うろたえていたのは、

結局は自分がちっぽけで、
翻弄されていただけの
話ではなかったか。

おのれを知ることに
全力を捧げよ。

それこそが、
この世でもっとも困難な課題だ。

己の運を生かす方法を知らぬ者は、
運が去ってしまっても、
不平を口にする資格はない。

富を失うものは、
多くを失う。

友人を失う者は、
さらに多くを失う。

しかし、勇気を失う者は、
全てを失う。

どんな困難な状況にあっても、
解決策は必ずある。

救いのない運命
というものはない。

運命というのは、
災難が起きれば、
必ず一方の扉を開いて、
救いの道を残してくれている。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る