Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
宮城まり子の名言 | 地球の名言

宮城まり子の名言

宮城まり子のプロフィール

宮城まり子
作品一覧

宮城まり子(みやぎ まりこ/1927年3月21日-/女性)は、東京府出身の歌手女優映画監督福祉事業家。本名は「本目 眞理子」(ほんめ まりこ)。幼くして母と死別し、父が事業で失敗したこともあり、小学校卒業と同時に兄と共に吉本興業に入る。15歳で初舞台を踏み、1950年に「なやましブギ」で歌手デビュー。1953年に『毒消しゃいらんかね』が流行し歌手として広く知られるようになる。その後も『ガード下の靴みがき』『納豆うりの唄』『てんてん娘』『夕刊小僧』などのヒット曲を発表。1958年頃から女優業にも進出し、1958年に『12月のあいつ』で芸術祭賞、1959年に『まり子自叙伝』でテアトロン賞を受賞。1968年に社会福祉施設「ねむの木学園」を設立し、福祉事業活動も行うようになる。1979年に総理大臣表彰、2012年に瑞宝小綬章を受賞。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に「またあしたから」「淳之介さんのこと」「愛の風景 ねむの木学園」「やさしくね やさしいことはつよいのよ」「約束」「神様にえらばれた子どもたち 小さなねむの木」「なにかが生まれる日 ねむの木とまり子」「戦仕度の日々 ねむの木の子どもたちと」「時々の初心 ねむの木学園の40年」「おかあさんへ」「ねむの木の子どもたち」などがある。

宮城まり子の名言集

やさしくね やさしくね
やさしいことはつよいのよ

(ねむの木学園に貼ってある言葉)

左手が不自由な子がいます。
右手はちゃんと動くけど、
左手がうまく動きません。

私は言います。
「○○ちゃんの右手は、
お兄さんの手なのよ。」

「左手は弟の手。
お兄さんは強いから、
いつも弟を守ってあげなくちゃ
いけないのよ。」

その子はいつも自分の右手で、
左の手を庇うように
やさしく握っています。

子ども同士の小さな喧嘩。
私は無理に止めさせたりはしません。

二人の間に入って言います。
「さあて、弱いほうはどっちかな。
弱いほうの味方をお母さんはするぞ」

この一言で、
喧嘩はすぐに止まります。

人は強さもやさしさも
持っています。

互いに頼り合ったり、
助け合ったりしながら生きていく。

いつも強い人間なんていない。
ずっと弱い人間なんていない。

自分が強いときには、
弱い人を助けてあげることです。

強さの影にやさしさがうずもれて、
自分より弱い人間を
助けようとしなかったら、

次は自分よりも強い人間に
やられることになります。

そんな社会に幸福の花は
咲かないでしょう。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る