やなせななの名言

やなせななのプロフィール

やなせなな
作品一覧

やなせなな(1975年7月17日-/女性)は、奈良県出身のシンガーソングライター僧侶(浄土真宗本願寺派)。本名は「梁瀬奈々」。華咲山教恩寺の第六世住職を務めながら音楽活動を行う「歌う尼さん」として知られる人物。大学を卒業後、僧侶として実家の寺院を手伝いながら音楽活動を開始し、2004年にシングル『帰ろう。』で全国デビュー。2010年に教恩寺の住職に就任。全国各地で寺院コンサート・講演会などを行うほか、エッセイストやラジオ番組のDJとしても活躍している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書に「歌う。尼さん/遊タイム出版」などがある。

やなせななの名言集

誰もが皆、夢や憧れを
心に抱く瞬間がある。

こんなふうになりたい、
あんなことをしてみたい、
その道に進みたい…。

強い願いがいつしか
明確な目標となれば、
努力を始めずには
いられなくなる。

待っていても
何も変わらないのです。

誰かを当てにするのではなく、
自分が動くしかありません。

傍目から見て、
たとえ夢に破れていると
笑われても良いのです。

不運に負けても、
思い通りに行かない毎日に

時には絶望しても、
弱音を吐いてうずくまっても、
失敗しても構わないのです。

縁あって与えられた道の上、
苦は避けて通れないもの
であるとするならば、

共に生きてみるしか
ありません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る