志茂田景樹の名言

志茂田景樹のプロフィール

志茂田景樹
書籍一覧

志茂田景樹(しもだ かげき/1940年3月25日-/男性)は、静岡県出身の作家小説家絵本作家タレント。本名は「下田忠男(しもだ ただお)」。長男はカメラマンの「下田順洋」、次男は実業家・元俳優の「下田大気」。ペンネームの「志茂田景樹」は、”茂る田んぼを志す”という意味と、父の書斎でよく目にしていた江戸時代の国文学者「香川景樹」に由来。中央大学の法学部政治学科を卒業後、週刊誌記・保険調査員・塾講師など様々な職を経て、1976年に「やっとこ探偵」で小説現代新人賞を受賞し小説家デビュー。1980年「黄色い牙」で直木賞を受賞。歴史小説や伝奇小説、スペクタクル小説など様々なジャンルの作品を発表し幅広い層の読者を獲得したほか、1990年代に入ると架空戦記小説を多数発表するようになり、特に「戦国の長嶋巨人軍」は架空戦記の金字塔と称されるまでの人気を博す。また、奇抜なファッションでも知られる人物であり、ファッションショーのモデルとして活躍した他、ファッションブランド「KIBA」を立ち上げるなどファッションの分野にも進出。タレント活動も活発に行っており、バラエティ番組を中心にドラマや映画、CMなどにも出演。1999年には「よい子に読み聞かせ隊」を結成し、全国各地で読み聞かせ行脚を始め、童話や絵本作品を数多く発表。不登校の子供への支援や心療内科を考える会等、社会的な活動も積極的に行っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+どらく+PHP)

著書

主な著書に「人生は、もっと簡単にうまくいく カゲーキフの61の教え」「人って、みな最初は石ころだもの」「自信をつくる。 働くきみへ贈るカゲキの檄文」「きっとうまくいく 人生、今が出発点」「失敗したって、いいんだよ 希望をつくる40の言葉」「ぼくらの街にキリンがやってくる チャイルズエンジェル450日の軌跡」「志茂田式ぐるぐるフィットネス 魅せるカラダ、魅せる心の作り方」「妻に先立たれる前に カゲキ新生活読本」「走れ雄斗、たすきをつなぐまで ある父と子の箱根駅伝」「男が家を出るとき帰るとき」「今、子どもたちに伝えるべきこと」「なんで!?納得できない…14歳のきみたちへ 教科書には載ってない、カゲキな教え」など多数。

志茂田景樹の名言集

自分という人間は
この世でたった一人。

その一人である自分を、
どんな時にも貫いていきたい。

このファッションで
街を歩き始めた頃、
みんな驚いて足を止め、
奇異な目で僕を見ました。

それが5年たつと、
あきれながらも「勇気あるよなあ」
とやや温かな目になってきた(笑)。

では、さらに10年過ぎたらどうなったか。
昼間は素知らぬ顔です。

でも、銀座あたりで
夜7時ぐらいにサラリーマンと出くわすと、
笑いながら指を差されることがあるけれど、
握手を求めてくれることもあります。

あるサラリーマンなんて、
両手で僕の肩を抱きながら

「本当にあんたはよくやる。偉い。
私も本当はこういう格好をしてみたいんだ。
でも、できないから
あんたを応援しているよ」って。

10年でそんなふうに変わっていきました。
要するに、10年一貫して続ければ
何事も哲学になるんです。

中途半端にやったら、
それは子どもでも見破ります。
決して認めることはありません。

途中で、これではつまらない
と自分で思って、

また、他人に言われて
やめてしまうことがいちばんいけない。

その繰り返しになるだけです。
まずは仕上げてみましょう。

1%の希望を見つけてください。
それは時間とともに輝きを増して
99%の絶望を消し去りますよ。

本物の自信は、
ぬかるみに足をとられて、
つけていくもの。

1日の仕事を能率よくやるには、
助走という考えを
取り入れるといいかもしれない。

あまり気が乗らないが、
容易にやってのけられる仕事を
助走としてまずやる。

次いで人からは難しく見えても、
熱中して楽しく仕上げられる仕事をやる。

その勢いで
やりたくなかった難しい仕事に挑むと、
うまくいくもの。

仕上げて得られる達成感が、
次の創作への意欲に変わります。

中途放棄は、
やらないことと同じです。

いちばん優れた先輩は、
後輩が盗みやすいように黙って
仕事をやって見せてくれる人である。

手際よく急所を押さえた
仕事を見ていれば説明はいらない。

世の中の変化が速い今は、
10年前の実績はなかったに等しい。

周囲の同年頃の人たちを見て、
みんなこうだから
自分もこれでいいや、

ではなく、
自分はどうするかが大事です。

そう思ったときが
常に出発点です。

大きなことを続けて
失敗が続いたら小さなことをやってみる。

小さなことを続けて
成功が続いたら大きなことをやってみる。

この切り換えは、
負のリズムに陥ることを防いでくれる。

おだてれば豚も木を登る。
人がおだてられて登るのは、
自尊心の梯子のような気がする。

肝に銘ずべきは
おだててくれる人より、
その梯子を外そうとする人
のほうが多いこと。

運は努力に対する、
ご褒美。

失敗や試行錯誤を厭わず、
たゆまず努力していく先に
成功が待っている。

苦しみを解消するには
時間がかかる。

その前に大切なのは
和らげること。

チャンスは
日々を無為に過ごす人を避ける。

自分の目標をしっかり定め、
そこへの道筋を真剣に求めてみよう。

その道筋にチャンスは現れる。
それを素直に掴むだけでいい。

自信を持っても、
自信家になってはいけない。

何かことを始めるにあたって、
度の過ぎたものでない限り
不安は持ったほうがいい。

不安は様々な局面を想定させ、
それへの備えを整えてくれる。

決断は最後の結果を、
天命に委ねて
迷わず行動に徹することで、
それが最善の結果につながる。

幾つかの選択肢から
一つ選ぶのはいい。

しかし、その一つを
熟考しなければいけない。

そこからまた幾つかの
選択肢が生まれる。

熟考を重ねるとはそういうことで、
珠玉の結論に至る道筋である。

初めの選択肢でよしとするのは、
浅慮を選択するようなもの。

志茂田景樹の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る